高齢による不妊治療の方法|病院で診察を受けよう

排卵誘発剤の使用

ナース

月経周期を整える

高齢化社会を迎えるようになった日本ですが、出産についても高齢化するようになっています。以前までの日本では、20代で出産することが一般的なことでした。これに対して現在は、30代で出産することが平均になっているのです。しかし女性は30代後半以降くらいの高齢になると、徐々に妊娠する能力が低下し始めます。その要因の一つとされるのが、高齢になった際に月経周期が変化することです。女性の月経には周期性がありまして、多少の変動はありますが、1か月に1回くらいで発生します。ところが30代後半くらいになると、月経周期が乱れるようになることが多いのです。すると排卵のタイミングが計り難いので、受精もし難くなります。そのため不妊治療では、月経周期を整えることが大切なのです。

タイプを選択できます

そこで婦人科では、不妊治療の際に排卵誘発剤がよく使用されています。不妊治療で排卵誘発剤を使用すると、卵子を育てる効果が期待できます。卵子が育つようになると、排卵が定期的に行われるので、月経周期の乱れが少なくなるのです。このような排卵誘発剤は、飲み薬と注射の2通りが存在します。まず飲み薬は、自分で摂取し易くて効果がソフトという特徴があります。そのためじっくりと不妊治療を行う場合には、飲み薬を選択することが多いのです。いっぽう注射の場合には、自己注射もできますが、苦手な人も多くなります。しかし直接成分が血中に取り込まれるので、不妊治療の確実性が増すのです。このように排卵誘発剤にはタイプごとに特徴があるので、個々に合ったタイプを選択できます。

服薬と注射で使い分け

夫婦

女性は高齢になると、卵子の数が減ってしまい妊娠しにくい体になります。この問題を解決するために、不妊治療を受ける方は多くいます。この治療にはいくつか種類があり、状態に合ったものを選ぶことができます。

Read More...

安心な体外受精

カップル

高齢出産の場合には、妊娠の確率が低くなってしまう特徴があります。確率の可能性を高くするには、不妊治療を行います。治療としては、排卵誘発剤を使用して、体外受精を実施する方法になります。

Read More...

排卵検査がとても大切

家族

高齢になると妊娠する能力が減ってしまいます。この問題を解決するために、不妊治療を行うことができ、妊娠確率をアップしてくれる効果があります。排卵検査を行い、適切な治療を受けることができます。

Read More...